脱酸素をするために①

脱酸素封入包装というものをする際は、包装に必要な酸素吸収能力を持つ脱酸素剤を使用することが必要ですし、また適切なガスバリア性の包材を選ぶこともとても大切だということです。
脱酸素封入包装というのは、脱酸素剤とガスバリア性包材を組み合わせた包装技法だそうです。
酸素吸収性容器包装というのは、容器包装自体に酸素吸収能力を持っているそうです。
そして外部から侵入してくる酸素を吸収除去し、かつ充填時に酸素も一緒に入ってしまった場合、その酸素を吸収除去してくれるように設計された包装技法だそうです。

 

EVOHなどのガスバリア性包材を使う場合は、容器の内部に侵入してくる酸素ガスをバリアするという方法だそうです。
このような受動的なものではないのが酸素吸収容器包装技法だそうで、容器の内部に入ってくる酸素ガスを積極的に取り除くそうです。
これをアクティブパッケージングとも呼ぶそうです。
包装された食品の品質が低下してくるのは、製造過程と保存期間に酸素と接触するのが大きな原因だということです。

内容物を劣化させてしまう酸素というのは、内容品の中に酸素が溶解している場合と、充填時に酸素が内容内に巻き込まれている場合と、製品の保存中に容器外より酸素が透過侵入してくる場合があるそうです。
これらの酸素の影響を少なくするために、酸素ガスバリア性の高い包装材料を使わなければならないそうです。
そして充填方法や装置の改良をしていかなければならないそうです。
充填時に容器の中に巻き込まれる酸素ですが、これを低減するためには窒素ガスなどによるガス置換包装の方法があるそうです。
現在は、脱酸素剤を入れての包装は、様々な種類の食品において広い範囲で適用されているそうです。