包装産業の規模

包装産業というのは、日本において成熟産業といえるそうです。
包装は経済状態によって需要動向が左右されるものだそうです。
原油の値上げであったり、容器包装リサイクル法の制定であったり、廃棄物減量化問題なども包装産業に大きく影響を与えるものだと言われています。
包装というのは無くてはならないものですが、環境への配慮が非常に問われる産業だともいえると思います。
また、海外からの安価な商品や景気停滞でモノが売れないということになると、包装もダイレクトに影響を受けると言ってもよいかもしれません。
出荷の方も年々減少しているそうです。また、包装産業の方も、簡易包装というのに取り組んでいるということもあるかと思います。
商品としても、紙類、プラスチック類、金属類の比率が高いときもあれば、紙類、プラスチック類は増加して、金属やガラス、木製は減少していくということもあるそうです。
ガラスなどに変わるものが生み出されたり、生活者の志向と利便性ということが包装にはとても関係してくることのようです。
包装する機械の出荷というのはずっと横ばい状態だそうです。
荷造り機械となると徐々に減少しているそうです。
食品業界において包装機械というのは設備投資ということになるかと思います。
包装産業は6兆円産業だそうです。
一般的に包装は売価において10%程度だそうです。
包装産業というのは、60兆円の産業に関係しているということがいえるようです。
食品製造業というのは、30兆円の産業規模だそうです。
食品というのは、必ず包装をしているものなので、包装機械のシェアで食品が占める割合が50%近いということで、包装資材も50%は食品産業に占めているということのようです。
食品の売り上げが下がれば、包装産業のダメージは高いということだと思います。