包装材料

包装資材の世界で、日本は出荷金額では二位につけているそうです。

一位のアメリカは日本の倍ほど出荷金額があるそうです。これを追い越すというのは無理そうですが、三位の中国はもうすぐ日本を追い越す勢いにあるそうです。

包装機械の方は中国とドイツが伸びているそうです。

日本はちょっと伸び悩みの状態だと聞いています。

輸出の方ではヨーロッパ勢が強いと言われています。

種類の多さとセンスの良さ、使いやすさということで世界中で支持を得ているそうです。

中国は生産数の多さから輸出入でも高い金額を示しているそうですが、数としては高機能機や高速機の導入をしなければならない状態だそうです。

日本の場合は、輸出を15%に目標設定していく必要があるそうです。

包装材料は安くて機能性の高く、加工性のよい素材のものが選ばれているそうです。

包装は生活に密着しているので、社会的責任も重いといえるのではないでしょうか。

そのため、消費者保護、法規制、環境保護、利便性などが高くなければいけないと思います。

ユニバーサルデザインなどにも対応すること、商品を保護する能力も必要ですし、衛生性、安全性が求められていくと考えられます。

たくさんのことに適性がある包装材料がこれからの時代は必要になってくるのではないでしょうか。

包装材料としては藁、木、葛、木皮、葉が昔から使われていたそうです。

明治に入ると紙、金属、ガラス瓶、ダンボールが出てきて、そちらの方に多くが流れていったそうです。

戦後はプラスチックが加わってきたそうです。これによって現在の包装材料の基本が構築されたといっていいようです。

包装用の包装材料は内容物を保護する役割があるかと思います。

衛生的で安全というのも必要ではないでしょうか。

何より見た目もキレイでなければならないと私個人は思います。