食品包装の機能について

包装というのは包装された物品を保護するというのが一番の役目だと思います。

保護してくれない包装はありえないと思います。

保護性のひとつとして、バリア性というものがあるかと思います。

包装の世界でバリア性というのはガス遮断性や防湿性ということを指すそうです。

包装材料がもつ固有の特性に起因するということで、用途によって包装資材を選定することが重要となるそうです。

安定性というのも重要です。安定性というのは、特定の状態、雰囲気でも変化しない耐性のことだそうです。

船舶の輸送中で高温多湿になってサビが発生したり、汗が出たりで物品が破壊されるようなことがあってはならないと思います。そんなことになったら包装としての役割を果たしていないということになるかと思います。

物理的強度にもある程度耐えることも必要となってくるかと思います。

個別の包装ということになると、包装機械適性というのが求められるかと思います。

また包装機械適性と輸送・工業包装の荷役などの包装作業もあるそうです。

包装機械適性では、ヒートシールなどの密封技法が大切だそうです。

シールが完全性が求められるそうです。

それと同時に、大量のものを均一にかつ衛生的に包装されることが必要となってくるそうです。

輸送・工業包装の包装作業というのは、荷役、保管、包装、開梱などの作業面と、安全作業性、に抜け、盗難防止性などの安全性が必要とされるそうです。

作業ということになると、安全性が最優先されることになるそうです。

安全作業を行えるシステムづくりが必要となるそうです。危険な職場や環境が悪い職場では、包装機械やロボットなどの無人化による安全確保が必要不可欠だということのようです。