微生物を制御する方法

食品によって存在する微生物というのは違うそうです。
条件や住む場所によって微生物は特定できるということで、原材料の算出、輸送や保管において他の原材料と混ざらないようにしなくてはならないそうです。もちろん衛生管理という点も徹底しなければならないということだそうです。
食品加工工場においても、原材料が混ざらないような管理が必要だそうです。
原材料の交差がないことはもちろん、微生物の抑制・死滅などの処理を行うということが必要です。このことで安全性も高まり、経済的にも有効となるそうです。
微生物の制御としての手段を見ていくと、増殖抑制、静菌、除菌、殺菌、滅菌、遮断、無菌、消毒、抗菌があるそうです。
増殖抑制というのは、微生物の増殖速度を遅らせるそうです。主な制御方法として乾燥、塩蔵、pH調整剤、低温、酸味料があるそうです。
静菌というのは、増殖できない状態で生菌数を変化させないようにすることだそうです。増殖速度が0の状態だそうです。冷凍、ガス置換包装があるそうです。
除菌というのは、対象物中の微生物を除外することだそうです。方法として、ろ過、洗浄があるそうです。
殺菌というのは、生菌数を初期の段階から少なくすることだそうです。または対象とする有害な菌を死滅させることだそうです。方法としては、加熱、紫外線、放射線、殺菌剤があるそうです。
滅菌というのは人体に有害なすべての菌を死滅させることだそうです。レトルト殺菌、放射線、殺菌剤の方法があるそうです。
遮断というのは、対象物中への外部からの微生物を侵入するのを防止することだそうです。包装、無菌室での作業という方法があるそうです。
無菌というのは滅菌や除菌により対象物中に生きた微生物が存在しないことだそうです。

こうした微生物の制御を行うことで、より安全に包装材を利用することが出来るようになるでしょう。

包装業界と微生物は切っても切れない関係と言っても過言ではありません。

こうした側面からも包装について考えてみてもよいのではないでしょうか。