カテゴリー
Uncategorized

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!

カテゴリー
未分類

微生物を制御する方法

食品によって存在する微生物というのは違うそうです。
条件や住む場所によって微生物は特定できるということで、原材料の算出、輸送や保管において他の原材料と混ざらないようにしなくてはならないそうです。もちろん衛生管理という点も徹底しなければならないということだそうです。
食品加工工場においても、原材料が混ざらないような管理が必要だそうです。
原材料の交差がないことはもちろん、微生物の抑制・死滅などの処理を行うということが必要です。このことで安全性も高まり、経済的にも有効となるそうです。
微生物の制御としての手段を見ていくと、増殖抑制、静菌、除菌、殺菌、滅菌、遮断、無菌、消毒、抗菌があるそうです。
増殖抑制というのは、微生物の増殖速度を遅らせるそうです。主な制御方法として乾燥、塩蔵、pH調整剤、低温、酸味料があるそうです。
静菌というのは、増殖できない状態で生菌数を変化させないようにすることだそうです。増殖速度が0の状態だそうです。冷凍、ガス置換包装があるそうです。
除菌というのは、対象物中の微生物を除外することだそうです。方法として、ろ過、洗浄があるそうです。
殺菌というのは、生菌数を初期の段階から少なくすることだそうです。または対象とする有害な菌を死滅させることだそうです。方法としては、加熱、紫外線、放射線、殺菌剤があるそうです。
滅菌というのは人体に有害なすべての菌を死滅させることだそうです。レトルト殺菌、放射線、殺菌剤の方法があるそうです。
遮断というのは、対象物中への外部からの微生物を侵入するのを防止することだそうです。包装、無菌室での作業という方法があるそうです。
無菌というのは滅菌や除菌により対象物中に生きた微生物が存在しないことだそうです。

こうした微生物の制御を行うことで、より安全に包装材を利用することが出来るようになるでしょう。

包装業界と微生物は切っても切れない関係と言っても過言ではありません。

こうした側面からも包装について考えてみてもよいのではないでしょうか。

カテゴリー
未分類

食品包装の機能について

包装というのは包装された物品を保護するというのが一番の役目だと思います。

保護してくれない包装はありえないと思います。

保護性のひとつとして、バリア性というものがあるかと思います。

包装の世界でバリア性というのはガス遮断性や防湿性ということを指すそうです。

包装材料がもつ固有の特性に起因するということで、用途によって包装資材を選定することが重要となるそうです。

安定性というのも重要です。安定性というのは、特定の状態、雰囲気でも変化しない耐性のことだそうです。

船舶の輸送中で高温多湿になってサビが発生したり、汗が出たりで物品が破壊されるようなことがあってはならないと思います。そんなことになったら包装としての役割を果たしていないということになるかと思います。

物理的強度にもある程度耐えることも必要となってくるかと思います。

個別の包装ということになると、包装機械適性というのが求められるかと思います。

また包装機械適性と輸送・工業包装の荷役などの包装作業もあるそうです。

包装機械適性では、ヒートシールなどの密封技法が大切だそうです。

シールが完全性が求められるそうです。

それと同時に、大量のものを均一にかつ衛生的に包装されることが必要となってくるそうです。

輸送・工業包装の包装作業というのは、荷役、保管、包装、開梱などの作業面と、安全作業性、に抜け、盗難防止性などの安全性が必要とされるそうです。

作業ということになると、安全性が最優先されることになるそうです。

安全作業を行えるシステムづくりが必要となるそうです。危険な職場や環境が悪い職場では、包装機械やロボットなどの無人化による安全確保が必要不可欠だということのようです。

カテゴリー
未分類

難しい常温長期期間の保存

もっとも困難な保存技法は、常温長期期間の保存・流通だそうです。

適度の水分と栄養分は、細菌類の絶好の生育条件となるそうです。

常温長期間、保存するには、細菌類の繁殖を抑えなければならないそうです。

細菌類の繁殖を抑えるために昔は、乾燥、塩蔵、糖蔵、燻製、酢漬けなどがあったそうです。

これらの伝統的な保存技法は、現代ではなかなか受け入れられないそうです。

塩分や糖分のとりすぎによる健康被害などが叫ばれているためだと思います。

現在は、常温長期間保存するためには、加熱殺菌、照射殺菌、薬品殺菌、クリーンルームでの包装作業、脱酸素剤を用いた包装技法が採用されているそうです。これらによって食品の保存性は高められているそうです。

生活者へ提供する食品のシェルフライフ情報は、製造日表示から期限表示に変更されたそうです。

消費者は、製造日表示ということで、商品を新しい日付から購買するというクセが付いていると思います。

そのため充分に美味しさや安全性が保たれているにも拘わらず、日付が古いだけで破棄されているということがあるかと思います。

これは資源の無駄遣いにもなりますし、日本の問題である食品ロスの大きな原因であるといえると思います。

期限表示に変更してからは、安心して食べられる期間を「賞味期限」として表示しているそうです。

ただし、おおむね5日以内のシェルフライフの短い日配食品表示は、「消費期限」を表示しているそうです。

包装には保護性が求められますが、こうした保存できる期間が伸ばすことができるものも要求されているかと思います。

最近では家庭で酢漬けや燻製など保存食を作ったりするのも流行したりしています。

食品ロスは企業だけではなく国民ひとりひとりが取り組んでいく問題だともいえるかと思います。

カテゴリー
未分類

包装材料

包装資材の世界で、日本は出荷金額では二位につけているそうです。

一位のアメリカは日本の倍ほど出荷金額があるそうです。これを追い越すというのは無理そうですが、三位の中国はもうすぐ日本を追い越す勢いにあるそうです。

包装機械の方は中国とドイツが伸びているそうです。

日本はちょっと伸び悩みの状態だと聞いています。

輸出の方ではヨーロッパ勢が強いと言われています。

種類の多さとセンスの良さ、使いやすさということで世界中で支持を得ているそうです。

中国は生産数の多さから輸出入でも高い金額を示しているそうですが、数としては高機能機や高速機の導入をしなければならない状態だそうです。

日本の場合は、輸出を15%に目標設定していく必要があるそうです。

包装材料は安くて機能性の高く、加工性のよい素材のものが選ばれているそうです。

包装は生活に密着しているので、社会的責任も重いといえるのではないでしょうか。

そのため、消費者保護、法規制、環境保護、利便性などが高くなければいけないと思います。

ユニバーサルデザインなどにも対応すること、商品を保護する能力も必要ですし、衛生性、安全性が求められていくと考えられます。

たくさんのことに適性がある包装材料がこれからの時代は必要になってくるのではないでしょうか。

包装材料としては藁、木、葛、木皮、葉が昔から使われていたそうです。

明治に入ると紙、金属、ガラス瓶、ダンボールが出てきて、そちらの方に多くが流れていったそうです。

戦後はプラスチックが加わってきたそうです。これによって現在の包装材料の基本が構築されたといっていいようです。

包装用の包装材料は内容物を保護する役割があるかと思います。

衛生的で安全というのも必要ではないでしょうか。

何より見た目もキレイでなければならないと私個人は思います。

カテゴリー
未分類

包装産業の規模

包装産業というのは、日本において成熟産業といえるそうです。
包装は経済状態によって需要動向が左右されるものだそうです。
原油の値上げであったり、容器包装リサイクル法の制定であったり、廃棄物減量化問題なども包装産業に大きく影響を与えるものだと言われています。
包装というのは無くてはならないものですが、環境への配慮が非常に問われる産業だともいえると思います。
また、海外からの安価な商品や景気停滞でモノが売れないということになると、包装もダイレクトに影響を受けると言ってもよいかもしれません。
出荷の方も年々減少しているそうです。また、包装産業の方も、簡易包装というのに取り組んでいるということもあるかと思います。
商品としても、紙類、プラスチック類、金属類の比率が高いときもあれば、紙類、プラスチック類は増加して、金属やガラス、木製は減少していくということもあるそうです。
ガラスなどに変わるものが生み出されたり、生活者の志向と利便性ということが包装にはとても関係してくることのようです。
包装する機械の出荷というのはずっと横ばい状態だそうです。
荷造り機械となると徐々に減少しているそうです。
食品業界において包装機械というのは設備投資ということになるかと思います。
包装産業は6兆円産業だそうです。
一般的に包装は売価において10%程度だそうです。
包装産業というのは、60兆円の産業に関係しているということがいえるようです。
食品製造業というのは、30兆円の産業規模だそうです。
食品というのは、必ず包装をしているものなので、包装機械のシェアで食品が占める割合が50%近いということで、包装資材も50%は食品産業に占めているということのようです。
食品の売り上げが下がれば、包装産業のダメージは高いということだと思います。

カテゴリー
未分類

梱包材を使って工作を作ろう➁

通信販売を購入した際に、段ボールに詰められている緩衝材や梱包材で工作を作ってみました。

梱包材のプチプチを使った「おにぎり」の作り方の紹介を致します。

【用意するもの】
●ハサミ
●セロハンテープ
●白いコピー用紙数枚or片面が白紙のチラシ
●黒の折り紙or黒のマジックor黒絵具or黒のクレヨンor黒の模造紙など
●プチプチの梱包材
●新聞紙orチラシなど
●割り箸
●お皿

新聞紙、または、チラシを丸めておにぎりの形を作ります。この時に、丸型のおにぎりを作ると、おにぎりに見えにくいかもしれません。どちらかというと、三角のおにぎりの方がうまく見える気がします。新聞紙やチラシを丸めて、おにぎりの形が整いましたら、白い紙をおにぎりに巻き付けます。この白がごはんの部分となります。どうでしょうか?少しずつ、おにぎりっぽくなってきましたか?ここで、梱包材のプチプチをおにぎりの白いごはんの部分に巻き付けていきます。うまく巻きつかなくても、なんとなく巻きつくようにハサミで切り込みを入れながら、セロハンテープで留めます。梱包材のプチプチの凹凸に面は、外側がプチプチしている側になります。最終工程は、のりの貼りつけです。おにぎりの大きさに合わせて、のりの形に切った黒い紙を用意します。いつもの、おにぎりを作るように、黒い紙をのりに見立ててセロハンテープで貼りつけて下さい。梱包材で作ったおにぎりの完成です。あくまでも、自己満足の世界ですので、おにぎりと決めつけた視線で、ご鑑賞下さい。完成したおにぎりを、お皿に乗せて、手前にお箸などを置くと、より、おにぎり感を演出してくれます。

カテゴリー
未分類

梱包材を使って工作を作ろう

2-2 梱包材を使って工作を作ろう その2

通信販売を購入した際に、段ボールに詰められている緩衝材や梱包材で工作を作ってみました。

梱包材のプチプチを使った「とうもろこし」の作り方の紹介を致します。

【用意するもの】
●ハサミ
●セロハンテープ
●黄色の折り紙or黄色のマジックor黄色絵具or黄色のクレヨンor黄色の模造紙など
●黄緑の折り紙or黄緑のマジックor黄緑絵具or黄緑のクレヨンor黄緑の模造紙など
●プチプチの梱包材
●新聞紙orチラシなど
●割り箸

割り箸の割れていない方に、黄緑色の折り紙を巻き付けます。(折り紙を使わない場合は、白い紙を黄緑色に塗って使用して下さい。)今度は、割り箸の割れている切れ目に新聞紙を、挟み込み、新聞紙やチラシなどを、丸めながら作りたいとうもろこしの大きさを作ります。作りたいとうもろこしの大きさに形を整えたら、黄色の折り紙を、とうもろこしの形に丸めた新聞紙の上にセロハンテープで張り付けていきます。(折り紙を使わない場合は、白い紙を黄色に塗って使用して下さい。)ここまでの工程で、なんとなく、とうもろこしの形が出来上がっているはずです。黄色のとうもろこしの実の部分に、プチプチの梱包材を巻き付けます。この時、気を付けて作業して頂きたいのが、凹凸の面です。プチプチしている面が外側に来るように、巻き付ける事が重要です。梱包材が黄色い実の部分にうまく巻きついたら、ちょうど良い大きさに切り取って、繋ぎ目をセロハンテープで止めて下さい。どうですか?梱包材のプチプチが、とうもろこしのプチプチに見えませんか?あくまでも、自己満足の世界ですので、とうもろこしと決めつけた視線で、ご鑑賞下さい。

カテゴリー
未分類

無機系酸素吸収性包材

無機系酸素吸収性包材は、還元鉄粉系を使用したものが代表的だそうです。
各社から特許の出願が行われているそうで、一番実用化が進んでいるのが、還元鉄粉を樹脂に練り込んだタイプのものだそうです。
これをオキシガードというそうです。
これは多層構造になっているそうで、容器の用途やどの程度の酸素吸収バリア特性が必要かによって決められるそうです。
中間層にあたる酸素吸収バリア層は、熱可塑性樹脂に微粉の還元鉄と酸化促進触媒をブレンドしたものだそうです。
内と外の層は、ポリオレフィンを使用しているそうです。

 

中間層の還元鉄の色を隠して外観特性を向上させるために、通常は、チタンホワイトがブレンドされたものを用いるそうです。
外層と酸素吸収層の間に、EVOHなどのガスバリア材層を設ける構成もあるそうです。
オキシガードが酸素の捕捉開始となるトリガーは水だそうです。
なので、使用前の保管には湿度を低くしておく必要があるそうです。

 

食品には一般的に水分が含まれていると思いますが、そのため内容物を充填したら酸素捕捉機能が開始されるということのようです。
レトルト殺菌には熱水や蒸気が熱媒として使用されているということなので、オキシガードはレトルト食品用の容器に適しているといえるそうです。
同一層厚のバリア層をもつポリプロピレン系多層カップに窒素を充填シールして、120℃で30分レトルト処理をして、容器内に透過してくる酸素量を測定してみると、EVOHは水分によって膨潤してしまいガスバリア性が低くなってしまうそうです。

ポリ塩化ビニリデン(PVDC)は、水分の影響を受けないそうですが、塩素を含んでいるので、環境への影響が懸念されるそうです。
そんな中、オキシガードを酸素吸収バリア材として使用した場合は、レトルト中の酸素の透過も少なく、水分の影響も少ないそうです。

カテゴリー
未分類

機能性プラスチックフィルム

フィルムの代表格として長く君臨したセロハン、ポリエチレンにも、欠点は存在します。そこでその欠点を補うべく、新たなフィルムが開発されて、機能性プラスチックフィルムが誕生しました。このフィルムは防湿セロハンの表面に水酸化チタンを塗った上で、低密度ポリエチレンを重ね合わせて造られます。機能性プラスチックフィルムは液体を閉じ込めることもできるため、現在でも多くの食品の包装に使用されています。ところでこのフィルムの貢献範囲は、単なる食品包装に留まりませんでした。フィルムの性質を活かして、革新的な食品形態の開発に繋げることが出来たのです。具体的には、インスタントラーメンの類をその代表例として挙げることが出来ます。50年代にはポリセロ製の袋に入った乾いた麺が売り出されました。もちろんフィルムの開発はそれで幕を閉じたわけではなく、革新的な食品と並行して研究が続けられました。そして現在に至るまで、強度や耐熱性を担保するフィルムが何種類も製品化されています。例えば、セロハンを過去のものとして遠ざけてしまうくらい優れたフィルムであるポリプロピレンが世に出ました。いわゆるラミネートフィルムがそれに該当します。ラミネートフィルムは早速インスタントラーメンの袋としても活用され、広く見られるようになりました。他にも、片面にポリエチレン、もう片方にポリエチレンテレフタレートを使用したフィルムも製品化されています。

ここで、インスタントラーメンの包装に関してさらに掘り下げることとしましょう。ラーメンは今や多くの日本人に愛される食品となりましたが、昔は専ら飲食店で味わっていました。出前を取るのも費用が掛かるため、消費者としては自宅で手軽に料理してラーメンを味わいたいと考えていたのです。この消費者心理を見抜き、何とか実現しようして考案されたのがインスタントラーメンでした。その開発には当然ながら包装容器の進化が欠かせないものでした。