包装のソリューション開発について

今や、小文字用インクジェットプリンターは、非接触式印字装置の代表的装置です。今年一年は国内ではとても堅調な需要トレンドでした。設備投資が活発な食品業界で堅実に需要が伸びているということと、化学や工業部品といったところからの引き合いの動きもあり、これからも堅調な動きになると考えられています。法事の信頼性を担保するためのシステムの導入というのは当然ですが、情報管理の高度化ということもIJPの導入や更新に意欲的になっているといえるようです。これは業種を問わず幅広い産業分野で見える動向です。そして今後もこの動向は続くといえるでしょう。とはいえ、小文字用IJPについては、技術的に成熟を迎えています。この状態では、サプライヤーの方では差別化が図れないともいえます。こうした現状からサプライヤー各社は、自動洗浄機能などといった安定稼働の向上に貢献する付加機能の提案をしたり、ネットワーク対応にしたり、インクのバリエーションを増やしていくというような開発も進めています。プリンター本体の機能だけではない、付加的なことで差別化を図っているのです。有機溶剤中毒予防規則非該当ということを訴求した新しいインクの提案というのもあります。IoT向けのネットワーク拡張性を求めているもので、製品の開発、提案などが各社から示されています。また、国内の申告な人手不足への対応として、生産の効率化や高速化というものにも関心が寄せられています。機械でどれだけ対応できるかが問題です。とくに人手不足への対応は緊急性のある課題であり、オペレーションの向上と効率といったことをキーワードにシステムの開発が今後の動きとして注目されるところです。