多層PETボトル

PETのパッシブバリア多層ボトルは、PET/EVOH系とPET/MXD6ナイロン系のボトルが実用化され、成形では、共射出(コインジェクション)によって、まず多層プリフォームが成形され、後工程には単層の場合と同様2軸延伸ブロ一成形法が使用されます。共射出法の場合、中間層は内外層の中に埋め込まれるため、特に接着層を設けなくても実用に耐えうるボトルが出来ています。パッシブバリアPET多層ボトルは、20世紀後半から使用されるようになり、特に酸素の影響を受けやすいビールやワインに顕著です。2種3層構成と2種5層構成のボトルがあり、主に欧州でビールボトルに適用されアクティブバリアボトルに代替しています。炭酸飲料用PETボトルの場合、ボトル内から炭酸ガスが外部へ透過することにより、飲料の炭酸ガス含有率が低下し、品質が低下することがあるため、肉厚ボトルを採用したり、前もってガス圧を高目に設定するなどの対応策が講じられています。またボトル軽量化対応策として、ハイブリッドボトルと呼ばれる、従来と異なるタイプのMXD6ナイロンをバリア層とする炭酸ガスバリアボトルが開発されました。PET/MXD6ナイロン系PETボトルは、従来から酸素バリアボトルとして採用されてきましたが、この多層ボトルには接着材層がなく、PET層とMXD6層の間の接着強度が低いことが知られています。従来のPET/MXD6ナイロン系PETボトルを炭酸飲料に適用した場合、炭酸ガスが内部からPET層を透過し、PETとMXD6ナイロン層の間に透過してきた炭酸ガスが蓄積され、ボトル開栓時一気に炭酸ガスが膨張し、デラミ(層間剥離)が発生してしまいます。このために従来のボトルが使用できませんでした。通常の多層ボトルの断面では、ナイロン層は連続しており、ハイブリッドボトルでは、ナイロン層を縦8本の筋状に分割してナイロン層を間欠的に配置することにより、デラミの発生を抑制する層構成としています。

未だすたれない卵パックという包装容器

特徴ある包装(容器)といえば、まず思い浮かぶのが鶏卵の包装容器ではないでしょうか。その形もさることながら、まさに壊れやすい代名詞ともなるような鶏卵を無事食卓にまで運んでくれる容器は、関連業者にとっても消費者にとっても有難い存在と言えるのではないでしょう。今では年間およそ20億枚近く使用されていると言われ、しかもその形状が数十年間変わっていないことにまさに驚きです。そうはいっても、使用される素材には変遷が見られます。以前はプラスチックが主流だったかと思いますが、途中から紙製のもの(パルプモウルドパック)を見かけるようになりました。ところがその形状(正確には八角錐型)は相変わらず変わっていません。鶏卵は極端に言えば一つ一つその大きさが異なっていると言える自然の恵みだからです。その個々に異なる壊れやすいものを安定に固定できる理想形が八角錐と言う事からあの形状がいつまでもすたれず使用されている理由のようです。

加工性と完全な遮断性のある包装

金属箔は、光線を完全に遮断してくれます。また酸素も全く通さないということで、酸素や水蒸気の影響を受けやすい商品の保存に適しているといえます。アルミニウム箔には、厚さ10μm前後のものが家庭用のクッキングホイルとしてよく見ると思います。レトルト食品の袋やトレイのカップには、6μm〜200μmの厚さのアルミ箔が用いられています。アルミ箔は、オーバーラップ用として酢酸ビニルを表面に塗ったのが板チョコ用です。またバター用は、酢酸ビニル塗布バーチメント紙と貼り合わせたものです。ワックス塗布薄葉紙と貼り合わせたものがチューイングガム用となります。また、スナック菓子用の紙コップや小ポジット缶は、アルミ箔と紙とを貼り合わせたものが使われます。レトルト食品は、遮断性のあるプラスチックとの積層小袋が使われます。食品衛生法では、油脂などの酸化による品質の低下の恐れのある内容物の場合は、遮光性があって、ガス透過性のない包材で包装するように定めてられています。アルミ箔を用いた袋が使われています。レトルト食品n袋には、紙箱に入った三層構成のものと、スタンディングパウチのもの、袋だけで外装のない四層構成のものがあります。練り歯磨き用などは多層のラミネートチューブにもアルミ箔が用いられています。金属箔のトレイやカップには、容器の側面やフランジ部にシワの入ったものを用いるのが日用品用、菓子用、冷凍食品用です。ゼリー用やジャム用には、内側にプラスチックを塗布しています。また、レトルト用には内外面にフィルムを貼り合わせたものとなります。蓋材にポリエステルフィルムに20〜40μmのアルミ箔を貼り合わせて、内側にホットメルト接着剤を塗布しています。

天然素材の包装という選択肢

天然素材は比較的スムーズに、自然界のなかで微生物や日光などに分解され、新たなる資源として自然界のなかで循環していきますが、プラスチックのような化学物質は自然界のなかでの分解は簡単ではないため、街中でそのまま廃棄されてしまったプラスチックごみが河川などに流され海洋までたどりつくと、マイクロプラスチックなどという細かい粒子のプラスチックとなって海の中を漂う地球汚染を生み出してしまうのだそうです。飲料水のペットボトルやスナック菓子や食品包装などに使用されている身近なプラスチックごみをきちんと分別することで、リサイクル処理されていると考えている皆さんも多いかもしれませんが、日本国内では廃棄されたプラスチック製品を廃棄の際に皆さんの手でしっかりと分別したとしても、そのほとんどはリサイクルされずに焼却処理され熱利用されているという現状があるようです。現在において日本国内でプラスチック製品をリサイクルすることは、簡単とは言いにくいようです。ペットボトルを代表格として使い捨てのプラスチック製品は、皆さんの身の回りにも多いと思われますが、それらのごみ処理までを考える上で1つひとつの商品購入を検討していきたいですね。

豆加工製品とパッケージ

納豆において消費者に有難い添付のタレが入ったコブクロは逆にバリアーナイロンあるいはバリアーPET(ポリエチレンテレフタレート)にPE(ポリエチレン)を張り合わせた素材が使われており、液漏れや酸化防止に一役かっています。加えて辛子にいたっては子袋にPETとPEが使用され同じく漏れや辛み、香りといった風味に大切な要素がなくなっていくことから防いでくれて食べるときには最高の状態でとなるよう作られています。また納豆とともに昔から庶民に親しまれている豆腐の包装にもひと工夫もふた工夫もされているようです。柔らかく壊れやすい、しかも日持ちもしなかった豆腐もプラスチック容器の採用で、冷蔵庫保存でゆうに2週間はもたせることが可能になってきました。しかも多少の衝撃にも耐えられるという豆腐特有の包装容器が実用化され消費者にとってどんなにか有難いものになっているかわかりません。この豆腐の容器も前述の通り落ちしても壊れない耐衝撃性、多少押してもつぶれない耐圧性をかなえたものになっており、更に出来立てを維持できるよう適度な水分を保てるよう水蒸気バリアー性も確保しています。ちなみに素材は蓋は強度と水蒸気バリアー性を達成すべくナイロン+PE(ポリエチレン)・PP(ポリプロピレン)が使用され、底にはPPを使用し、更に強度を上げるために凹凸が食べるときの攪拌にも役立っているという至れり尽くせりという包装容器にまとめ上げられています。消費者にとって、そのありがたみがダイレクトに伝わる食品包装容器と言えるかもしれません

プラスチック製品と環境

現在、街ゴミが、そのまま河川や海まで流れ込み、そういったなかで海洋を漂うレジ袋は、クラゲなどを捕食する生物たちが誤って飲み込んでしまうなど多くの海洋生物の生命を危ぶんでいるなどとも言われております。さらにはそのようなレジ袋やペットボトルなどが、海洋を漂うなかで劣化し微細化され「マイクロプラスチック」などと呼ばれるプラスチックの粒子となって、魚や海鳥などの体内に蓄積していると報告されているようです。実際には、人間の体内などにも多くのプラスチック成分が検出されてもいるようです。日本国内においては2020年7月から開始された、プラスチック製レジ袋の有料化などが多くのメディアを通じて報道されておりますが、その他のプラスチック製品の問題に関する情報提供は、まだまだ情報量としては少ないといえるのが現状であるようです。日常生活のあらゆる場面において登場するプラスチック包装は、日本における過剰サービスなどとも指摘されているようですが、プラスチックゴミ問題は海洋汚染にとどまらず、土壌汚染、さらには温暖化などの地球環境に関する様々な影響として問題視されている現状を把握しなくてはならないでしょう。

エコロジーな夏の風景

夏の暑さを乗り切る対策として皆さんはどのような工夫をされていらっしゃいますか。かつての日本人は「行水(ぎょうずい)」や「夕涼み」などで「涼」を得ていたようです。「行水」は、「たらい」や「おけ」に行水を行う前にあらかじめ水を入れておき、日光の当たる場所に置いておくことで冷たい水で行水を行うのではなく、人肌に温められた「ぬるい水」で行水をしていたのだそうです。これは、冷たい水で行水するよりも生ぬるい温度の水で行水する方が、時間が経過しても「涼」を得ることを人々は経験を通じて学んでいたのだそうです。冷たい水で行水をするとその一瞬は心地よく身体が冷えますが、「涼」が持続しないことを当時の人々はどうやら知っていたようなのです。まさに生活の工夫や知恵でありますね。「夕涼み」は、水辺の周辺や、打ち水を行い気温よりも温度の低い水を利用することで涼しい風を「涼」として得る、先人たちの知恵であります。夕刻に川辺に人々が集まりながら、川の水流の上を渡る風を受けて涼む姿がなんとなく浮かんできますね。

蒸気風呂と風呂敷

エコバッグやマイバッグとしてその使い勝手が見直されつつある「風呂敷」は、室町時代、第三代将軍・足利義満によってつくられた「大湯殿(おおゆどの)」によって大判の布が「風呂敷」として活用されはじめ、人々の間に幅広く認知されはじめたととも考えられているようです。金閣寺を建立したことでも有名な足利義満ですが、義満は当時の政治・経済・文化において、皇族の権力をも脅かすほどの影響力のあった人物であったようです。その義満は「大湯殿」を大名たちの社交の場として人々に提供し、風呂場での必需品として人々に愛用されたのが大判の布=「風呂敷」であったようなのです。当時の風呂が現代の銭湯のように、湯舟にお湯が張られていた形式ではなく、お湯を沸かした蒸気や温めた石などを利用して作った蒸気による蒸し風呂様式であったことはご存じですか。人々の間では蒸気を利用した「蒸し風呂」が「風呂」として認識されていたようです。現代におけるいわゆる「サウナ」のようでありますが、当時の人びとは蒸気のあがってくる床に敷かれたすのこなどの上に、大判の布を敷き身づくろいをしていたようです。床に敷いたり、脱いだ着物などを包むものとして使用された大判の布を「風呂敷」と呼ぶようになったのは、この頃の人びとの習慣から生まれた呼び名であるようです。それ以前においても、あらゆるものを包装する布として「風呂敷」のような道具は人々の間で活用されていたようですが、現代にも伝わる「風呂敷」という呼び名は、風呂場で使われるようになった大判の布のことを示していたようなのです。

時代と消費者の行動

日本では、見栄えという観点よりも、近年では鮮度維持という観点が食品包装の目的として大きな部分を占めていると言えるでしょう。中でもマーケットインを活かした商品開発などは大きな成果を挙げていると言え、ライフスタイルの変化によるパッケージの概念の変化などにも柔軟に対応してきたと言えるでしょう。スーパーで販売される商品の単位というものは、売り場に訪れた消費者が手に取りやすいかどうかということや、家での取り扱いが想像できるか、また扱いやすいかといった点を考えやすくすることなどを念頭に置いて開発するべきと言えるのではないでしょうか。売り場に並べることが目的ではなく、消費されるまでの流れがきちんと計算された商品開発が求められていると言えるでしょう。例えばカットスイカ専用の袋を例に挙げてみましょう。これまでのスイカのパッケージは、平袋で販売されているところが多く、消費者がカゴに入れる際やレジなどで慎重に扱わなければ中身が痛んでしまいかねないパッケージであったと言えるでしょう。しかし、近年よく見るパッケージは丈夫に取手がデザインされているものも多く、カゴに入れる際もレジでも商品にダメージを与えることなく計算されたデザインになっていることが分かるでしょう。また、家での扱いもジッパー付きの袋であれば保存も出来る上、食べ終わったらゴミ袋としての役割を担うこともできるようなデザインになっているでしょう。消費者の目線に立ち考え抜かれたデザインによって、多くのメリットがある商品開発がなされていると言えるのではないでしょうか。しかし、これも、近年単身世帯が増えたことなど時代の変化によるものと言えるため、これからも商品開発は時代と消費者の行動に沿って行われ続けるべき研究であると言えるのではないでしょうか。

メガネ関連商品の包装

メガネ店に置く商品としてははファッション性と医療品のテイストが必要です。メガネは医療品としての理知的なクリアなイメージがあります。またファッション性というイメージも同時に求められます。理知的なイメージは白地の背景で、ファッション性は優しい色使いで表しましょう。眼鏡店に置く商品の包装デザインの条件として、優しい配色、白地、控えめな価格表現となります。白地を残してクリアさを保ちましょう。激しい赤の中に白の面を挿入してみると、クリアになります。赤は激しすぎるものですが、白の面に挿入することで、生き生きとしてきます。情緒にあふれた紙面の一部に白を残してみましょう。それまでにあった情緒性も生き生きとしてきますし、クリアと情緒の両面が活かされてきます。淡いトーンのグラデーションで優しさを表しましょう。淡いトーンを中心としたグラデーションというのは、優しさと癒やしを表してくれます。背景にグラデーションを敷いてみると、穏やかで優しいイメージに変わって来ます。女性らしいところも見せることもできます。紙面の要所要所にグラデーションを添えるということも、眼鏡のもつファッショナブルな優しさが表れてきます。価格表示は大きく目立たないようにしましょう。メガネは医療品でもあります。ファッション性だけでなく精密さも表さないといけません。価格表示を大きくしすぎてしまうと、実用的な部分だけの表現になってしまいます。これでは精密さのイメージを損なってしまいます。安さをアピールするにしても、商品写真を主にしましょう。価格表示は控えめにします。量販店の格安な日用品のようにはしないこと。大きく商品に重ねる激安型表示にもしないように。