包装材でかわいい感じや自然な感じを出す

例えばチラシを作るとき、マンションが商品で、女性にアピールするならば、余白と自由な配置でしなやかさを出しましょう。商品のマンションを画面いっぱいに広げないで、左右に余白を取ります。ボリューム感を控えるようにします。このとようなデザインは、包装のパッケージにも活かすことが可能です。

他の写真やタイトルの配置もシンメトリー型を避けます。自由に配置して、しなやかさを表しましょう。紫と淡いブルーを使うと女性らしさが表れます。理知的な役立つ情報であることを表すためには、淡いピンクを避けたほうが無難です。淡いピンクは情緒性が強まりすぎるからです。背景に淡い青のトーンを使ってみると、女性の優しさを暗示することができます。メカニカルな感じだと男性的になりますが、淡い青だと女性らしくなります。

女性向けの表現の配色というのは優しいトーンを多用します。甘く弱々しく見えますが、情報の内容は、実用的にします。ダイエット食品などなら、どのような効果があるかを具体的で現実的に表しましょう。文字や解説図を駆使して実用性を示しましょう。淡いピンクというのは女性向け商品としてはっきりと伝えるものです。男女が共に使うようなものでは避けましょう。

選挙ポスターで女性候補らしさを表そうとピンクを多用すると、男性は関心をなくしてしまいます。これが高齢者向けとなると、ゆとりやこだわりを出していく必要があります。穏やかな配色と形が高齢者に似合うようにします。鮮やかな元気いっぱいという配色は避けましょう。

高齢者のイメージというと、穏やかでゆったりとした形と配色です。渋く穏やかなトーンで構成することで、落ち着いてゆとりのあるイメージを表すことができます。ターゲット別に見ていくことで包装のデザインは変わるということです。