中身を最後まで取り出す技術

PopPack社のバブルインザシールテクノロジーは、開けにくいパッケージによる不満を軽減して、シール部に配置されたバブルをポンとはじくことで、安全かつ簡単で、開け口を探す必要がありません。またポンと潰す楽しさがあります。人間工学的な包装ソリューションでブランドを差別化できる画期的方法です。パウチバブル、深絞りタイプ、ダブルバブルの3つのタイプがあります。開封後も元の包装の形を保持できることからリシール技術と組み合わせて、中身の品質を保ちながら最後まで取り出すことが可能です。PopPack社の技術は、食品、化粧品、ケア用品、家庭雑貨、医薬品、栄養補助食品など、幅広い製品に摘要できます。PopPack社の発明は、世界25カ国以上で取得または申請中の特許及び商標で保護されています。日本での実用化が待たれるところです。