マイクロ波誘導熱分解法と包装②

マイクロ波誘導熱分解法を研究したケンブリッジ大学の博士は、当時博士課程の学生を参加させ、特許を世界中に申請し、Enval社を設立しました。2010年にはパイロットプラントが完成しました。

Mondelez、ハインツや、クラフト社など大手の企業から資金援助を得るようになりました。現在のEnval社の取締役はこのプロセスの意義と将来性について、以下のように語っています。「マイクロ波誘導熱分解法とは、プラスチックのような有機物質を、酸素が存在しない状況で加熱、分解するプロセスです。

ほとんどの有機物質は、熱分解できます。紙、プラスチック、食品もそうです。この現象は高温で起こります。有機物質は高温でガス化しますが、冷却、凝縮により油を生成します。

紙から生成された油とプラスチックから生成された油は性質が異なります」