AIPIAが発信するトピックス

乳製品の期限切れの廃棄ロスを減らすために、包装ができることとして、ICタグ、示温インキの印刷による製品の温度履歴の管理、包装に組み込まれたバイオセンサーなどがあります。

これによって消費者が消費するのに最適な温度を示すことができるのか、または腐敗による廃棄のタイミングを示すことができるのか、を討議しました。スマートキャップの開発で、ミルクの腐敗を教えるものもできています。

青果物の成熟を遅らせることもできます。青果物の貯蔵寿命を延ばして腐敗による廃棄を減らす解決策も様々に開発されています。スマートフレッシュというものです。

また、バッドに天然由来のフラボノイドと有機酸との組み合わせを配合することで、精肉、鮮魚、青果物それぞれに有効に作用するASBおよびABVの製品化に成功しました。内部の水蒸気によって活性化されます。