軟包装の優位性をデータから見る

軟包装の優位性を各種データを引用して見ていきます。業界規模:アメリカにおける軟包装売上高310億ドル、従業員約7万9000人、全米940箇所に生産拠点がある。サステナビリティ:ガラス容器との対比で、トラック1台分の未充填パウチは23台分のガラス容器に匹敵する。金属缶との対比では、軟包装製造にかかるエネルギーは同容量の金属缶より75%少なく、CO2排出量もまた10分の1に過ぎない。フードロス削減:全米におけるフードロスは40%にも達しているが、軟包装によってこれを大幅に削減することができるとしている。リサイクル:使用済み軟包装のリサイクルにはエネルギー回収も含まれる。軟包装の約50%は多層ラミネート品であり、このマテリアルリサイクルには戦略転換が必要。自治体回収の流れの中でわずか1.6%にすぎない。