パウチと機能性の関係について

最近では、消費財メーカーがいろんな硬質容器をプラスチックのパウチに変えていっています。中でもスタンディングパウチというのは、年の成長率6.5%となっています。世界軟包装の会議では、機能性の付与に合わせてパッケージ技術がさらに進化しました。ブランドオーナーの製品の販売戦略と一体化しており、顧客の購買体験を向上させていると言われていますう。

機能性はパウチ成長の推進役となっています。付加価値を高めるスパウトやジッパー、キャップが伸びを加速しています。パウチは、外で食事を取る、スナックなどを食べるといった場面にもとても合っています。リシール機能が付いていると、食品の保存も便利です。散歩しながらも楽しむことができますし、また、賞味期限も伸びるので、小人数の世帯にとっては食品廃棄をへらすこともできます。