パッケージを考えるときには色彩心理を考慮しよう

商品のパッケージを決めるときには、色彩心理を考慮しながら考えていくことがおすすめです。実は人は視覚情報をとても大事にする生き物なので、選び方を意識すればより効果的なパッケージを生み出すことができます。たとえば、赤は華やかなイメージ、青は落ち着きや安心感、黄色は元気さ、紫は高級感などを演出することが可能です。他にもオレンジであればポップ、ピンクであれば癒しや可愛さなどが感じられます。取り扱う製品に合わせて色を選ぶようにすれば、ターゲットの心に刺さりやすいパッケージにすることができるでしょう。商品のコンセプトに合った色彩を選び、消費者の購買意欲を高められるようにしておくことがおすすめだと言えます。