胴膨れとは

ダンボールは非常に便利で、よく配送に用いられています。しかし、配送のためにうまく使うためには、気をつけなければいけないことが存在します。
それは、胴膨れ、という現象です。

ダンボールは水分を吸いやすい構造となっていて、湿度が高い場所では、よく水分を吸ってしまいます。そうすると、ダンボールの強度が非常に下がってしまうため、どのような用途で使うにしても、うまく使えなくなってしまう可能性があります。

対策することは難しいですが、ダンボールを何度の試験にかけて、一定の強度を保ち続けるもののみ使うようにする、または、ダンボールの中に、水分によって強度が損なわれないような、板状のものを入れ、包装として崩れないようにする、などの方法が考えられます。

いまや、外で買い物するよりも、配達を通して買い物するほうが多いくらいです。ダンボールは非常に重要なものとなっており、今後の発展が望まれます。